ayame i wear design

About

 

Create NEW, based on the past.

Tokyo-based eyewear brand “ayame" was established by Yu Imaizumi in 2010.
The products are designed in Tokyo and made in the small city of Sabae, Fukuishi - Japan’s internationally renowned eyewear district.

 ayame combines high-skilled Japanese craft techniques and authentic shapes with a taste of the modern Tokyo lifestyle.

The brand name “ayame =菖蒲” means Japanese Iris. The flower is the symbol of Yu Imaizumi's home town. By changing the word's characters to “ayame =彩目”, Yu attaches a new meaning to the brand: “aya =彩” means coloring and “me =目” means eyes.

“ayame” pursues to create a tool to colour your eyes...

 
 

クリエイティブディレクター・今泉 悠(いまいずみ ゆう)による、2010年創業の日本製アイウェアブランド。

自身の出身地・茨城県潮来市のシンボルの花であるアヤメ(菖蒲)に、目を彩る=彩目(あやめ)という想いを重ね、ブランドネームとし掲げる。

世界最高峰の技術を誇る福井県鯖江市の熟練した職人によって、1本1本丁寧に磨き上げられる質の高いプロダクト。

日本人の骨格を徹底的に研究し尽くしたからこそ可能となったノンストレスなフィット感、そこには妥協しない職人の卓越した技が光る。

クラシックデザインの良さに感銘を受けながらも、その源流にある本質的な魅力を捉え、あくまで掛けやすく美しく現代にアップデートし、オリジナリティを磨き上げていく。

“ayame” はデビューから現在に至るまで、ファッションと共に歩んできたことでも各界で人気を集め、話題となってきた。

巧みな技術と、時代感をとらえたファッション性をもあわせ持つことから、主要な眼鏡店は固より、国内外の高感度なセレクトショップでの展開、ジャンルレスなブランドとのコラボレーションなどでも可能性を広げている。

色褪せることなく存在するプロダクトを追求するために、躊躇せず、情熱を注ぎ続けていく。